CS高成績!アクアンメルカトール軸5Cバスターのデッキレシピを公開【デュエルマスターズ】



CS高成績!アクアンメルカトール軸5Cバスターのデッキレシピを公開


■大会概要

庄内cs

■戦積

【予選】

5cドラゴン○

モルネク○

5cバスター○

青黒ハンデス○

赤青バイク×

デアリバスター○

【本戦】

白緑メタリカ○○

クローシス剣○○

青黒ハンデス××

赤青バイク××

結果4位!

■デッキレシピ

製作者:ロータス様

~インタビュー~

cs前日の夜中にデッキを組み出してcsに参加しました。

今回のcsに向けてしたことは一切なく、対人も1度も行わずに頭の中の構築のみでcsに参加しました。

構築に一部不安はありましたが、土台はしっかりとできた気がしていてあまり不安はありませんでした。

■デッキの動き

csのみでしか構築を回してないないので曖昧になるが、リンネの武装を達成させマグナムやラフルルを絡めてバスターの動きで詰め切ることを意識した。



■カード解説

【爆砕面 ジョニーウォーカー】
【ダークライフ】
【フェアリーライフ】

2コス帯から入れないと厳しいので初手の1枚はくるように枚数を調整して採用。

リンネビーナスの武装を意識しているため多色側を多めに採用。

ダークライフはリンネの釣り上げを強くでき、デッドブラッキオの5色も揃えやすい。

【単騎連射 マグナム】

マグナムはリンネからの釣り上げで出てきて欲しいので採用。

単騎ラフルルでゲームが終わるので必ず採用。

【アクアンメルカトール】

アクアンメルカトールは今回製作者が5cバスターを触ろうと思ったきっかけの一枚。

サーチの幅がかなり広く、色が被れば墓地に落とすこともできるかなり重要なカード。

ラフルルにチェンジできる点も優秀。

不利対面だと考えれれるハンデスにもメルカートルからの切り返しが効くため、もし製作者が今組むならば4枚入れておきたい。

【嘘と盗みのエンターテイナー】

エンターテイナーもマグナムと似ているがロージアなどにはこちらを優先的に狙う等の目的がある。

多色なのもポイントが高い。

【静寂の精霊龍 カーネル】

素出しすることは稀でありほとんどありませんが、盾から出てくると、ラフルルやプチョのチェンジ先になり返しに使えるカードにも化ける。

【超次元ムシャホール】

ムシャホールはデスマッチビートルや洗脳センノーなどのシステムクリーチャーを焼く。

5コスで走れることも強く採用していたが、オニカマスが焼けずに微妙に感じたのでここの枠はメガマグマの方が良いと考えている。

【勝利のアパッチウララー】

アパッチウララーは採用している人はまばらだと思うが、1枚は欲しいと思い採用した。

同型で走り合いになった際にアパッチの有無で走りやすさが違う。

csではアパッチのおかげで取れた試合も多く、単騎ラフルル以外にも勝ち筋を作りやすくなったので好感触だった。

【Mの悪魔龍 リンネビーナス】

リンネビーナスは5cバスターの要のカード。

武装を達成し単騎やラフルル、イービルヒートといったパワーカードを釣り上げ即バスターに繋げられるカードだが、武装の達成が中々難しく、出る前に決着がついてしまうこともあるため中々に難しいカード。

【ハムカツ団の爆砕Go!】

爆砕goは受け枠の中でも色、効果共に強い。

オニカマスも焼くことができ、自分の禁断剥がしなどもできる面白いカード。

【テック団の波壊Go!】

爆砕goも採用していたため、盾が強くわざと相手の禁断を剥がしに行くことにも使用。

効果がほぼどのタイミングでも強いことからフルに採用。

【界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ】

デッドブラッキオはこれも5cの受け枠であり攻めのカードでもある。

モルネク対面ではこのカードが肝で1度出てしまえば相手は龍解できないため、返しに走ったりしてゲームを終わらせることができる。

このカードが見えていると相手に多めの打点を準備するため、ターンをもらえることが増え、その隙にこちらが走ることができるパワーカード。

【百族の長 プチョヘンザ】

カーネルからの切り返しができるので1枚入れてみたが、盾にカーネルが埋まっていなかったり、プチョを引かなかったりと使うことはなかったが1枚は刺しておくと、バイクにも対抗できる。

■有利不利対面

【有利対面】

モルネク

ジョーカーズ

【五分】

バスター

【不利対面】

赤青バイク、ハンデス

受けが多めなので殴ってくる相手には強い。

バイクはレッドゾーンZの焼却、オニカマスが採用されていることから厳しい相手となる。