白タッチ青サザンルネッサンスCSベスト8レシピ!赤青ブランドに三連勝!?【デュエルマスターズ】



第3回CARDBOX北谷CS Best8の白t青サザンルネッサンス

こんにちは、今回はCSでベスト8になった、稲やさんの光t青サザンルネッサンスについて、そのデッキ内容と戦績、カードの採用理由等を解説したいと思います。

光t青サザンルネッサンスデッキレシピ


製作者:稲や@ガシャゴズラ▽▽▽

https://twitter.com/ie_inaya71

CS戦績


【予選6-0】

1回戦 青t黒アダムスキー◯

2回戦 シノビドルゲーザ◯

3回戦 青黒t赤白墓地退化◯

4回戦 5cジョリー◯

5回戦 赤青罰怒ブランド◯

6回戦 赤青罰怒ブランド◯

【決勝トーナメント 2没】

1回戦 赤青罰怒ブランド◯

2回戦 緑t白チェイングラスパー ×

戦績を見ますと予選で全勝した後に若干不利なチェイグラに当たって負けました。

1枚ブレイクしにいった時にコクーンマニューバ警戒でラフルルにチェンジすればよかったかなと思います。



各カードの採用理由


希望の親衛隊ラプソディ ×4

初動。シドやラフルルの革命チェンジ元になり、1コスこいつからの天鎖で1回殴れば次のターンから2枚ずつドローすることができます。

ダイヤモンドソードを打つ時のアタッカーのかさ増し、サザンでドローする枚数を増やすことができるなど結構器用なカードです。

初手でこなかった時やクルトと合わせて5枚来た時は初手降参したくなります。


預言者クルト ×4

初動。使い方はラプソディと同じで初手で欲しいので4〜4の、8枚となってます。


紅の猛り 天鎖 ×4

通称白いサイバー・ダイス・ベガス。

さっき書きましたが、1コストクリーチャーからこいつで毎ターン2ドローそして2コスなのでサザンの軽減が入ります。

パワーが14500と高く除去しづらいので強いです。

このカードはフェイウォンと合わせると14500の壁としても活躍できるところが強く、この動きで相手の攻撃をためらわせる場面が、かなりありました。


制御の翼オリオティス ×4

ただ出しメタ。このクリーチャーが問題なく入れることができるからサザンが強いといわれるカードです。

このクリーチャーを立てれば、罰怒ブランドやジョリーザジョニーが7コストまで出せなくなり、相手の動きを鈍らせることができます。

また、ドギ剣への牽制にもなって、さらに相手が5マナしかない時のサルトビからのバイケンをデッキ下に送ることもできます。


タイム3シド ×4

これは、このデッキタイプだと4投確定の枠です。

やはり1コスクリーチャーからの革命チェンジは強く、呪文主体のデッキの動きはこれだけで止まります。

この時、天鎖がいれば自分だけアドを取りつつ、サザンにつなげることができるのが強いです。

オニカマスやデスマッチビートルがいる時に革命チェンジができなくなるのが辛い。


奇石タスリク ×2

5〜6枚目のシド。

光単色なので、素出しできるのがgood。フェイウォンとこのカードが手札にある時にどちらを使うかが難しいところ。


光牙忍ライデン ×2

低コストのシノビで受け札になる。

単騎マグナムなどやっかいな小型クリーチャーを除去したいときには、素出しすることもあります。

よく他の記事でも見ますが、メメント守神宮が場に出ているときにブロッカーになるので最大2体止めることができるのは単純に強いです。

4回戦で当たったジョリーにはジョリーで盤面除去された後にダイレクトアタックをしてきたときに、ライデンブロックからの返しでクルトダイヤモンドソードで勝ちにいけたので、この動きが強いことが証明できます。


黙示賢者ソルハバキ ×2

実質1コストになるマナ回収クリーチャーで、超有能。

正直このカード4枚積みたかった。いかんせん枠がなかったんじゃ〜

ダイヤモンドソードやサザン、ラフルル、メメンント守神宮とそのときに欲しいカードを回収して相手に合わせて動けます。

また、1コストのクリーチャーが引けなかったときの唯一のアタッカーとなります。


ダイヤモンド・ソード ×2

このカードは増やしても事故るだけですので、ソルハバキで回収やサザンで引けると割り切り、2枚です。

このカードはスピードアタッカー付与みたいな能力ですのでアタッカーの増量に使ったり、シャッフやジュダイオウ、プリン、カーネルのアタックできない効果を無効にすることができるのが強いです。

ただし、クリーチャーへのアタックはできないことに注意しましょう。


共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス ×4

このデッキの核で4枚投入以外ありえないですゾ。

最速で4ターン目に召喚する事ができ、大量ドローしつつラフルルを引き込んで殴りにいきます。

とりあえず手札さえあればプチョがいてもなんとかなる可能性があるので、出せる時にバンバン出してアドを取りにいきましょう。


緑知銀 フェイウォン ×3

天鎖フェイウォンが強い。

最初は2投でしたが、ブランドやジョーカーズ、モルネクなどのアタックしてくるデッキ相手にもっと欲しいと感じて、3投となりました。

実際に引ける時が増えて、強いと感じることができたので増やして成功だったと思います。

しかし、デッゾ相手にはこのカードはめっぽう弱いので注意が必要です。

メメント守神宮があるときに無限ブロッカーになり、小型が並ぶデッキ相手にはこれだけで止まります。

普通のサザン相手にはかなり有効です。あとダンテ

忘れてたけど単純に1ドローが強い。

あと単純に1ドローが強うい。


音精 ラフルル ×3

もともとこのデッキにダンテを積む予定がなかったので、ラフルルぐるぐるの動きや引ける確率を増やし、フィニシュを安定させました。

また、序盤からラフルルを使っていけます。


Dの牢閣 メメント守神宮 ×2

はじめはトリガー枠でしたので、3枚投入されていました。

しかし、トリガーとしてはあまり活躍しづらいことが回して感じられたので、1枚減らしてハバキで回収やサザンドローでもってこれることを見越して2枚になりました。

このデッキは横に並ぶので、これを立てるだけで大量のブロッカーに生まれ変わります。

ブランド相手だとメメントを除去するカードがないはずですので、クルトを出すだけでも相手にとって辛い展開に持ち込めます。

Dスイッチ効果でとりあえず相手の動きを1ターン止めれるのが普通につよい。

フィールド張替えは辛い。

不採用カード理由

ミラダンテⅫ

革命チェンジ元がサザンとラフルルしかいないことから、出せない時の事故が嫌だったので投入しませんでした。

あと多色ですので色事故も嫌だったのもあります。

トリガークリーチャーやシノビはこのデッキだと数で押し切れることがわかっていましたのでいらないと思ったのも一因です。

確かに返しで7コスト以下のクリーチャーを召喚されてしまいますが、神宮やフェイウォンがある状況下で召喚されて辛いクリーチャーは正直あまりないです。

辛いところを挙げるとすればイーヴィルヒートかハカバ、リンネヴィーナスくらいでしょうか?

このデッキで辛いカードが軒並み8コスト以上だったり(マグマとか)呪文だったりするので、必要だと感じることはなかったです。

しかし、その革命チェンジ能力は強力ですので使いたいと思ったり、必要だろと言う方は、とりあえずラフルル1枚とフェイウォン1枚を入れ替えてみてはいかがでしょうか。


時の玉 ミラク

・エスケープ能力をもっているのが強力でブロッカーを持ち2コストなのが強力ですが、2コストでやりたいことがこのデッキですと多いですので、入れるのをためらいました。

・マナカーブ的にもフェイウォンがいいと感じました。

・このクリーチャーでは、ジョリーザジョリー相手に何もできないところにデメリットを感じました。

・デッゾでパワーをマイナスされると常にパワーが0の状況になりエスケープを使用しても無駄になるのが嫌でした。

今大会ではメガマグマ入りのデッキが少ないと読んだのもあります。

てか全体除去でこいつだけ残っても焼け石に水なんですけど…


タイム1ドレミ

何回も言いますが多色事故が嫌やったんや。

1ドローできますが、フェイウォンでいいじゃんとなりました。


タイム1ドレミ24

多色事故がいy

こいつで打つ呪文がお使いかダイソーに限られてくるので、小型だらけのこのデッキでしたら素打ちでよくね?となって入れませんでした。

採用を検討したいカード

地の学び至脚

マナが増える3コストのクリーチャーと言う点が魅力的。

ブロッカーでパワーが3500あるのもいいですね。

入れ替えるならフェイウォンかクリスタかな?


赤攻銀マルハヴァン

なんとか枠を空けて入れたいと思っているカード。

このデッキでしたら早期の召喚が可能かつアタッカーにもなり、状況によっては何度もアタックできたりブロックできるので強そう。

フェイウォンと組み合わせると何度も相手の動きを止めることができます。

入れ替えるならソルハバキかダイソーか?

デッキ相性・プレイング解説

基本は1コストクリーチャーからの天鎖でアドをとっていくプレイングを心がけます。このときに、シドをからめれたらGood。

対ドギ剣

呪文が主体の方が多いですので、メガマグマドラゴンに気おつけつつシドやクリスタを投げて展開からのラフルルでフィニッシュにもっていきます。

相手が5マナ6マナになるときに勝負をもっていけたらいいですね。

勝負をもっていけそうになければオリオティスを立てましょう。

霊峰バスターのジョニーウォーカーに注意!


対ハンデス

基本タスリクシドで勝てます。

天鎖があれば常に手札が増えますので、ハンデスが怖くないです。

しかしピーピングハンデスなどもありますので、ソルハバキで回収を見越してマナにキーパーツをおいていいと思います。

なるべく早めにサザンを立てて、ラフルルで勝ちに行きましょう。

素出しデッゾには警戒してください。


対赤青ブランド

天鎖フェイウォンメメントで勝てる。

オリオティスで展開を防ぎつつ試合を長引かせて相手が6マナになる頃には勝負をつけれたらいいですね。

3ターン目のワルスラは仕方ないので1回だけ攻撃を受けていいです。

フェイウォンがいたら攻撃を止めていい。

正直サザンとしてはGゼロで横にナインが並ぶのが嫌ですので鬼面城は即、割にいきましょう。

オボロカゲロウは全然サザンの対策になってませんし、むしろ鬼面城立てられる方が怖いので、カゲロウ入りは無視していいです。

カゲロウでは手札増えてないので…


対5c系

やはりクリスタシド。

盾にいったときの1枚目のトリガーだけには気おつけてください。

カーネルからのプチョが無理です。

相手の獅子王などの大量マナ加速を使えないいようにしつつ、ラフルルでフィニッシュにいきましょう。

オリオティスが役に立たないときが多いですので、優先順位は1コストクリーチャーが来たときは天鎖>ハバキ>オリオティス、それ以外のときはハバキ>天鎖>オリオティスで召喚するといいです


対サザンミラー

こっちの方が展開できるはずですのでシドやオリオティスを立てつつ小型の除去ができるときはなるべくして少しずつ殴っていきます。

メメントが辛いですので、なるべく手札にもっておいていつでも張り替えれるようにできればいいですね。

いつダンテが立ってもいいように場を並べましょう。

天鎖フェイウォンである程度は対応できるはずです。


対モルネク

先行とってそのままクルトシドチェンジできれば勝てます。

最近はマグマが入っていませんので、ハードラックに気おつけて立ちまわればいいです。

スクチェンとバトクロスを予想してオリオティスを立てるのもありです。

5ターン目のミツルギには警戒しておきましょう。

正直先行じゃんけんゲー


対ドルゲ

ニンジャストライクラインに達するまでに、ペチペチ殴って勝ちにいきます。

ドルゲユキムラが辛い。


対チェイングラスパー

手札がない状況でプチョされたら負けます。

ギョギョウが革命2で1コストになりますので、シールドを3枚に残しながら一気に勝ちにいきます。

プチョ出されたら降参レベルでこのデッキのプチョはどうにもなりません。

チェイングラスパーの除去は結構豊富ですので、正直かなり不利だなーと思ってます。

最後に!!

いかがでしたか?

今回のサザンはいつものサザンとは一味違いメタリカを採用していて白メインでかなり面白いと思います。

予選で6戦全勝して、赤青ブランドには3回とも勝っていますのでこのデッキはかなり強いと思います。

このときのCSを振り返っても一貫して天鎖フェイウォンだったなーと思います。

ぜひこの新しい型のサザンを握ってみてはいかがでしょうか?これだけ長い文を最後まで読んでいただきありがとうございます。