シノビドルゲーザデッキ再来!これが2017年度の構築だ!【デュエルマスターズ】



シノビドルゲーザ再来!!

最近、至るところのCSで結果を残し始めている忍ドルゲのデッキですが、今回忍ドルゲのデッキを1つピックアップして、それぞれのカードの役割などを解説していきたいと思います。

デッキレシピ


このデッキはあるCSで3位に入賞した忍ドルゲを丸パクリした構築です。

※裏面のカードはドルゲーザ

カード解説&考察


ジャスミン×4

フェアリーライフ×4

初動。

フェアリーライフは速攻系のデッキを相手に戦っているときに、盾から出てきてニンジャストライク圏内にもっていくことができます。

また、ジャスミンは後半にメメント守神宮が立っているときのブロッカーとして使うこともできます。


デスマッチビートル×4

ただ出しメタ。このカードはドギラゴン剣やミラダンテ、赤青ブランドのナインに刺さってくれるので使い勝手がいいです。

ただし、効果に対する耐性がないのでガロウズホールやムシャホールには気おつけましょう。

このカードは、メメント守神宮があると、パワー13000のブロッカーとなってくれるのも強いところです。


Dの牢閣 メメント守神宮×4

クリーチャー全体にブロッカーを付与させるS・トリガー持ちD2フィールド。

このカードがあるおかげで守りが薄そうに見えるこのデッキでもかなり固くなります。

このカードがあるときに、サルトビジャイアントをニンジャストライクで出して効果を使用し、バイケンを出すことで1対除去しつつブロッカーが2体並びます。

この動きが出来たときのアドがすごいです。

さらに、D・スイッチでターンの始めに全体タップさせる効果があります。このカード強すぎぃ。


西南の超人×4

ジャイアントを軽減できるカード。

2〜4の動きをしたときに出すことができれば、除去されることはほぼないので次にドルゲーザを出したり、軽減してさらに並べることができます、今の環境だと、除去が容易なのが、デモンズライトやレッゾ、ホール系ぐらいなので、テラネスクを入れるのではなく、こちらを4投した感じ。


怒流牙 佐助の超人×4

このデッキの核といってもいいカード。

最近色々なデッキに入ってますね。

やっぱり、ニンジャストライクでマナを増やしつつバイケンを出す動きが強い。

4コストのクリーチャーですので、普通に2〜4の動きで出してもフェアリーシャワーと同じような効果を使いジャイアントを場に出せる。

デスマッチビートルが場にいて、このクリーチャーを4ターン目に出すと次にドルゲーザが出せて、大量ドローができます。

これからサルトビ、バイケンの動きが主流になってくる可能性があるので、このカードは4枚持っておきましょう。強いカードです。


ドンドン吸い込むナウ×3

防御札でありつつ、ドルゲーザやドルゲユキムラ、サルトビなど足りないパーツを持ってこれる。


音精 ラフルル ×2

フィニッシュに持っていくときにチェンジして呪文を封じて勝ちにいくカード、素出しも可。

序盤に来たときでもマナに置いた後に、ユキムラで回収できるのが強い。

最悪バイケンを使いまわしたいなと思ったときに、革命チェンジでバイケンを手札に戻すときに使うのもありかも。


霧隠蒼頭龍バイケン×3

サルトビの相棒。マッドネスが強いのでハンデスなどに刺さるときもある。


剛撃戦攻ドルゲーザ×4

忍ドルゲーザと言うデッキタイプの素となったカード。

8コストと重いように見えるが、ジャイアントが多いかつ軽減カードも入っているので簡単に出すことができる。

最低2ドローが確定されているが多分、3ドローや4ドローすることがほとんどでこのカードを出せればその後の動きがかなり自由になる。

ドルゲーザ大量ドロー、そのままユキムラG・ゼロで場に出して勝ちまで行くこともしばしばある。

大量ドローてやっぱり強いよね。


終の怒流牙 ドルゲユキムラ×4

フィニッシャー。

G・ゼロの場に4体ジャイアントを並べるという条件であるが、この条件が案外簡単に達成することができる。

なぜかというとデスマッチビートルが低コストのジャイアントであること、西南の超人を出した後に、軽減を入れてジャイアントを展開することが可能であるからです。

1体出すことができればマナに置いたであろう2体目、3体目のユキムラが飛び出し一斉攻撃でワンショットを決めることができる。

また防御札である、バイケンやサルトビの回収なども。



不採用カードの理由


電脳鎧冑 アナリス

ジャイアントとして使えてしかも、1ドローか1マナ加速を選べる無駄のないスーパーカード。

しかしこのカード、最近ドルゲで採用されていません。

採用されにくい理由は2〜4の動きの安定と多色を増やしたくないというのと、アナリスを自壊させずに立たせておく機会が少ないからだと思います。


怒流牙 サイゾウミスト

このカードはニンジャストライクの効果が強力かつ、色がとてもいいです。

やはり、色事故の原因になってサルトビもいたときに過剰なカードとなってしまうので、投入機会が減ったかもしれない。

白が足りないと感じて白が欲しい場合には入れていいかも。


剛撃古龍 テラネスク

2〜4〜6で動いたときに爆発的な強さを見せる。

ジャイアントを持っていて効果で3枚の中にあるクリーチャーを好きなだけ回収できるのも強い。

採用されない理由は西南の超人の軽減だけで足りてるか、このクリーチャーを出すよりもドルゲを出した方がいいと感じる場合が多いから?

正直このカードは全然採用してもいいと思います

トリガーは足りてるの?

サルトビバイケンとメメント守神宮、ドン吸いでかなり固く仕上がっているのでこれ以外の防御札は邪魔!!

こんなカードを入れても強い!

呪紋のカルマ インカ

このカードが場にいるとき、自身のターン中に相手はクリーチャーが召喚できなくなるので、単騎マグナムみたいに使えます。

無理矢理でも枠を開けて1枚入れるとフィニッシュのときに安心できる。


時の法皇 ミラダンテⅫ

このカードもフィニッシュや相手の動きに制限をかけたいときに使えるカード。

バイケンからしか革命チェンジできないのと、このカードでは止めることができないトリガーがあることには注意!

有利なデッキタイプ

・単騎マグナムを介さずに殴ってくるデッキ

殴ってくる相手にはメメントや忍で対処できるので強いです。

相手が息切れしたところで 準備を整えて一気に攻めましょう。

・ミラダンテをメインに使ったデッキ

デスマッチビートルが青白だと除去しづらいのと革命チェンジされても、ドルゲや

ユキムラを召喚する事ができるので多分普通に勝てる。

ニンジャストライクが発動できなくなるのは辛い。

・ただ出しに弱いデッキ

デスマッチビートルで耐えて、勝てます。

不利なデッキタイプ

・最速で単騎マグナムを立てて殴ってくるデッキ

単騎マグナムでニンジャストライクできなくなるのが辛い。

しかし、ワンチャンメメント守神宮で耐える事ができる。

・コントロール系のデッキ

少し動きが遅いデッキなので西南の超人などを除去されて、相手に主導権を握られてそのまま、負けにつながるかも。

・ハンデス

ドルゲを出す事が出来なければ辛い。

フォーエバーやサイゾウミストなどを入れることで勝てるようになるかもしれない。

・ジャスティスループなどのループデッキ

普通にループされて負ける。

相手の準備が整うまでのラフルルをからめて勝ちにいきたい。

最後に

今の環境だとジョーカーズやレッゾ、モルネクなど殴ってくるデッキが多いので環境に対して強いデッキタイプだと思います。

このデッキは色々なデッキに対して柔軟に動くことができるので、今回述べた弱点や強さなどが当てはまらない場合が多いと思います。

かなり守りが厚く、決めるときに決められるデッキであり、プレイングが求められるのでデュエマの初心者がプレイングを学んだり、マナと手札の重要性を知ることができるいいデッキタイプだと思います。

みなさんよろしければ、是非!クロニクルレガシーデッキを買って改造して自分だけの忍ドルゲを作ってください。

定価より安く買いたいなら駿河屋で購入!!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

新品トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG クロニクル・レガシー・デッキ 風雲!!怒流牙忍法帖 [DMBD-02]