キズナプラスとは!?デュエマに新ギミック登場!【デュエルマスターズ】



新ギミック「キズナプラス」とは!?

今回は9月16日発売の『気分J・O・E×2メラ冒険』に登場する、新能力「キズナプラス」について紹介していきます。

キズナプラスとは?


このように、進化元のカード一枚を攻撃時に墓地に送ることで、このクリーチャーの「キズナプラス能力」と他のクリーチャー1体の「キズナプラス能力」を使うことができます。

これだけでは、能力がわかりにくい。という方のために、画像を使って説明します。


↑画像のようにキズナプラス能力を持ったクリーチャーが2体いる時に、光の方のクリーチャーが攻撃するとします。

↑このとき、進化元のカードを墓地に送ることでこの光のクリーチャーが持つ、「キズナプラス」能力と共にその隣の自然のクリーチャーの「キズナプラス」能力が発動します。

 

↑この結果、相手のクリーチャー1体をフリーズして、マナゾーンからコスト4以下のクリーチャーである、エンテイがバトルゾーンに出ます。

このように、キズナプラスとは簡単に言うと攻撃時にキズナプラスの能力が2つ使えるということです。

うーんこの能力、昔のデュエマのカードに似たような効果があったような…

そうだ、メテオバーンとダイナモを組み合わせたような効果なんだ!

こんな感じで、昔の能力を違う形で復刻させてくれるのは、とてもいいですね。

キズナプラス、素晴らしい能力ですが色々と弱点があります。



キズナプラスの弱点


■まず、キズナプラスを使うには、NEOクリーチャーを進化クリーチャーにしなければいけないことです。

進化元を墓地に送らないと効果が発動できないので能力を使うために進化元を用意するというのがネックになってきそうです。

■そして、他のキズナプラスが使われるまでは、1回までしか効果が使えずに置物になる可能性が出ることです。

■他には、複数体並んで初めてキズナプラスだなあ、ということで1体しかいないときはただのメテオバーンになるのが悲しいところです。

しかし、今判明しているキズナプラスは使い勝手が良さそうなのが多いと感じました。

この能力は文明に関係なく使えるのが強そうなので色々な文明で組み合わせて使うといいと思います。

キズナプラス能力持ちのクリーチャーが横に並んできたら能力が選びたい放題なので面白そうですね。

このキズナプラスが墓地やマナゾーンのキズナプラスの能力を1個選んで使えるような能力だったらアホみたいに強そうだなあ。

キズナプラスの能力持ちが、この弾だけでなくこの後の弾にも登場して環境や大会で使われるようになるといいなと思います。

今回もご閲覧ありがとうございました(/・ω・)/