ブライゼナーガが昔から生き残っている件



ブライゼナーガが昔から生き残っている件

デュエルマスターズプレイヤーの皆さん今日わ!

今回はだれででも知っているこのカード、ブライゼナーガ!

デュエマのカードの中でもかなり古いこのカード。

少し前は天門の必須パーツとして使用されていた。

しかし!今回の殿堂発表でミルザムがプレミアム殿堂にかかり、ブライゼナーガの需要も減ると思いきや・・・

そんなことはなかった!

なぜかって?それを今から説明していく。

【スポンサーリンク】

■場に出た時自身のシールドをすべて手札に加える。

このカード、もちろん使い方はシールドから手札に加えるときに発動するシールドトリガーを撃つというもの。

さあ、いったいこのカードを天門がなくなった今どうつかうのか??

皆さんはジャスティスループというものをご存知かな?

いぇぇぇぇぇぇぇい!!!

このジャスティスループというデッキに組み込まれている。

デッキは天門と同様アルカディアスパーク等をループさせることにより、相手のライブラリーアウトを狙うというもの。

そして他にも使い方はある。

それはスーパーシールドトリガーだ!

このカードを使用することでスーパーシールドトリガーの条件を満たすことができる。

【スポンサーリンク】

■相手のクリーチャー1体破壊

■S-自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、闇の進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

このカード、踏み倒しにコスト指定がない。

このようにスーパーシールドトリガーにはかなり強力な効果を持ったカードが多々ある。

それをうまいこと発動させまくれるデッキができればかなり強いはず・・・

ってことで今回はブライゼナーガについてでした。

それではご視聴ありがとうございました(/・ω・)/