ジョーカーズの裁定が決定!ルール詳細を確認



ジョーカーズの公式裁定

次回発売される新段のデュエルマスターズの拡張パックである新ギミックであるジョーカーズの裁定が公式サイトにて発表されました。

今回は公式サイトに載ってることをわかりやすく解説していきます。



ジョーカーズの扱いは?

これはだれもが気になったはずです。

新しい文明がでるということで基本文明6色+無色になるのでは?っと考えた人もかなりいる事でしょう。

しかしジョーカーズは従来の無色カードとして扱うというルールに決まりました。

つまり無色カードと同じように扱うので、コストを支払うときには文明やジョーカーズといった決まったマナを必要としません。

ジョーカーズは無色対象カードの効果を受ける?

上記で説明したとおり、ジョーカーズは無色として扱うため、無色を対象としたカードの効果を受けることが可能です。

例えば(戦慄のプリュード)といった無色を対象としたカードを使用した場合、ジョーカーズにも適用されます。

※戦慄のプリュード・無色カードの召喚コストを5下げる

スペースクロウラーの効果でドローはできる?

スペースクロウラーというカードは自身のマナゾーンにある文明1つにつき、カードを1枚ドローできるというカードです。

ジョーカーズは文明として数に入れないため、この効果によってドローすることは不可能です。

デュエルマスターズで文明として数えるのは火/水/自然/光/闇の5つです。


フェアリーミラクルの効果のときにジョーカーズは必要?

フェアリーミラクルはマナゾーンにすべての文明があればマナを2枚増やせる呪文です。

このカードの条件を満たすにあたってジョーカーズは必要ありません。

なぜならジョーカーズは無色となっていますので文明をもっていない扱いになっているからです。

マスターブレイクの裁定は?

■ブロックの処理

マスターブレイクはマスターブレイクを持つクリーチャーがバトルゾーンに出たターンに発動します。

シールドをブレイクする前にこの効果が発動します。

ブロックされなかった後に、シールドをブレイクする前に相手のクリーチャーを破壊するため、ブロックの選択が先に処理されます

■ブレイク枚数

マスターブレイクが発動されているターンに、何らかの呪文の効果で追加ブレイクを得た場合、すべてのブレイクにマスターブレイクが適用されます。

つまり呪文の効果でT・トリプルブレイカーになった場合は、各ブレイクごとに相手のクリーチャーを破壊することができます。