精霊王の創生 評価



精霊王の創生 収録内容

■精霊王アルファリオン ×2

■精霊王アルファディオス ×1

■精霊王アルカディアス ×1

■龍聖霊ウィズダムフェウス ×3

■天海の精霊シリウス ×2

■天門の精霊ヘブンズ ×3

■清浄の精霊ウル ×3

■音感の精霊龍エメラルーダ ×2

■アルカディア・スパーク×3

■ヘブンズゲート ×4


さあ、今回はこのマスターズクロニクルデッキ、精霊王の創生について考察していこう。

また今更かよ。。。なんて思うかもしれないが、出てから期間がたった方がカードの強さがはっきりとわかるので是非この機会に、一緒に考察してほしい。

それでは早速みていこう!!



■精霊王アルファリオン

このカードの強みは、光のカードにも刺さるということだ!

ロック能力は非常に高く、複数体並べられると相手側はかなりきついだろう。

しかもG0でだすことが可能となっているので、マナを10まで無理にためる必要はない。

■ウィズダムフェウス

ヘブンズゲートから出して、アルカディアスパーク等を撃つことができればなかなかいい守りになる。

しかも手札を増やすこともできる。

■天門の精霊ヘブンズ

このカードを使い自身のエンジェルコマンドを増やすことでアルファリオンにスムーズにつなぐことができる。

天門でこのカードを2体出せれば場は4体の大型ブロッカーを並べることができる。

ロードリエスとあ合わせることで手札切れを防ごう。

■音感の精霊龍エメラルーダ

こいつの効果はエメラルと違い、シールドトリガーを発動させることができる。

しかも最初にシールドから手札に加える代わりに、ストライクバックを発動させることもできるぞ

■アルカディアスパーク

相手のクリーチャーを除去できて、なおかつ相手のクリチヤーをすべてタップ。

5c剣やループデッキに組み込まれる。