勝利のレジェンドガイアール評価 ドギラゴールデンvsドルマゲドンx



勝利のレジェンドガイアール評価

さて、2016/12/15日ついに待望のコロコロコミック1月号が発売されましたね。

いや~、今回は欲しい情報がありすぎてかなりワクワクして0時になた瞬間すぐに近くのコンビニにダッシュしました(^_^;)

ということで今回はそんなコロコロコミック1月号で紹介されていたこの勝利のレジェンドガイアールについて考察していきましょう!



勝利のレジェンドガイアール

コスト/10

パワー/13000

種族:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター

文明/火

■スピードアタッカー
■T・ブレイカー
■このクリーチャーが攻撃するとき、パワー9000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
■相手のクリーチャーがこのクリーチャーに破壊されたとき、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。
それが進化でないドラゴンなら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の山札の一番下に置く


10コストの火のフィニッシャーがまた1まい増えましたね^^

そして、アタック時に能力がトリガーするタイプのこのカード、それに相性が抜群なスピードアタッカーという能力を持ち合わせております。

つまり、実質でたターンに何かしらのロックがない限りは攻撃して能力を発動させることが可能です。

さて、ここで重要になってくるのがいかにして自分の山札を操作し、安定してドラゴンをバトルゾーンに呼び出すのだろうか…

そんな悩みはこのカードが解決してくれます!

勇者の1号ハムカツマン蒼

コスト/5

パワー/4000

文明/火

種族:メガ・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■革命チェンジ:火または自然のクリーチャー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札から5枚を見る。
その中から多色クリーチャーを1枚選んで相手に見せ、
自分の山札の一番上に置いてもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。


このカード、革命チェンジで出てくると共に、なんと山札を操作することが出来るのです

つまりこいつを上手く使えば多色の大型ドラゴンを安定して場に呼び寄せることができますね

偽りの王ヴィルヘルムなんかを出してみるのも面白いかもしれません。

さてつぎに紹介するのはこのカードと非常に相性の良いカード

その名も蒼龍の大地!!!

蒼龍の大地

呪文

コスト/8

文明:火/自然

■S・トリガー

■自分のマナゾーンにあるカードの枚数より小さいコストを持つ、進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。それが火または自然のクリーチャーなら、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。


さて、このカードを利用するとなるとそれなりにマナが必要となってきますので、ビマナタイプのデッキとなる可能性が高いですね。

もしこの呪文で踏み倒すことができたならば、それはそれは恐ろしい…

まず蒼龍の大地で勝利のレジェンドガイアールを場に、そしてこのカードは火文明のカードので蒼龍の大地のカードの効果により相手のクリーチャーとバトルすることができますね。

と、という事は、勝利のレジェンドガイアールを場に出し、相手のパワー13000以下のクリーチャーを除去…

んんん?あれ、、、

相手のクリーチャーがレジェンドガイアールによって破壊された!!?

という事はレジェンドガイアールの効果発動!

山札の上からドラゴンを場に、そしてまだターンは終わらない!

レジェンドガイアールはスピードアタッカーなので、攻撃!

パワー9000以下のクリーチャーすべてを破壊!

もう一度山札の上からドラゴンを場に!!

ということが1ターンの間に起きてしまいます(;゚Д゚)!

最後に紹介する相性のいいカードはこちらだ!

「必勝」の頂きカイザー「刃鬼」

コスト/11

文明/無色

パワー/14000

種族/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/ゼニス

■このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、相手のシールドを数え、その回数相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分がガチンコ・ジャッジに勝った数、ハンターを1体、自分の墓地、マナゾーン、または手札からバトルゾーンに出す。
■T・ブレイカー
■エターナル・Ω(オメガ)


なんとハンターを持っているため、刃鬼デッキのも入ることが可能なのです

しかもスペルサイクリカが再録され、ダイハードリュウセイの再録が決まった現在では昔に比べてかなり作りやすくなることでしょう。

では、今回もご閲覧ありがとうございましたヽ(・∀・)ノ

それではまたノシ
twitter↓

https://twitter.com/DMhnns

youtubeチャンネル↓

https://t.co/Y4hhNZDEGQ